「スポンジ・ボブ」ニコロデオンで放送中!

プロフィール

らくさつ君

Author:らくさつ君
リードメール補助計画
http://sukiuki.web.fc2.com/
リードメール自動クリックソフトがあります。
http://sukiuki.web.fc2.com/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 休日だが、日直だったため通勤がてらテスト走行が出来た。治った。エンジンの冷えからくる朝のかぶりはどうしようもないとして、道中のパーシャルでは快調だった。とりあえずシーズンまでに元に戻ってよかった。次はタイヤだな。TT93ってどうなの?
スポンサーサイト
 あきらめ気味にキャブレターの掃除でもしようかとエアクリを外して気づいた。オーバーフローのホースがエアクリに引っかかって上に向いて付いていた。これではオーバーフローしたぶんのガソリンが排油されない。原因はこれだな・・・。と思いながらついでに掃除した。メインジェットにつまりはないしフロート内にもゴミは溜まっていない。
 13日にキャブのスロージェット?のネジを調整してみた。確か1回転と少し緩めたはずがかなり緩んでいた。元の状態に戻した。純正のキャブと違いネジの位置がタイヤ側にあるので手持ちのドライバーでは作業が厳しい。一発勝負。で14日に通勤で試してみたが症状は改善せず。会社についてふと思いついたのが冷えすぎるとおかしくなる・・・の記事をどこかで見たような気がする。エンジンから出ている不明なダクトを外しているため冷えすぎ、正常にキャブレターが仕事をしていないのではないか?寒いこの季節は我慢しなければならないのだろうか?今日はすごい雪。原付での帰宅をあきらめている昼休みです。
 長い間加速を続けてた後、2次エアを吸っているようにアクセルを戻しても加速が続く。キャブの接続を確認する必要が出てきた。ゴムパーツをシリコンで覆ってしまうとどうなるのだろうか?また、オイルの種類が変わって全て入れ替わったのか、燃調が濃くなっている様子。症状が併発すると素人では難しい状況になってしまった。段付き加速は燃調の不具合だろうと勝手に判断してみた。キャブレターを開けるのが面倒なので、エアークリーナーのめくらテープを剥がして様子を見てみよう。
 通勤インプレ。停止からの加速で段付き加速をしている。ベルトが滑っているのか?クラッチの当たりがずれてしまったのか?また不明な状況になってしまった。新品のベルトの方が前回早めに交換して保管しておいたベルトより細いのが気になる。短いから大丈夫なのだろうか?ベルトの動きを見比べてみると古い方はアイドリング時にかなり揺れているが最大変速時にプーリーの一番外まで変速している。新しいベルトはアイドリングでの揺れが無い。最大変速時にもプーリーの端に2mm近くの余裕がある。後輪に負荷が掛かった時にどのような変化をするのかわからないけど、損している気分。走ってみると最高速は古いベルトよりは出ているが40kmまでの加速の途中でブゴブゴブッブ~って感じ?船に乗っているようだ。ベルトとクラッチに当たりが付くまで様子見でしょうか・・・。
 予定通りドライブベルトを交換した。クラッチのネジはバイク屋さんで外してもらった。かなり締めすぎていたようで、インパクトでもずいぶん時間が掛かってた。クラッチを外してびっくり、フライホイールとクラッチの間にもベルトカスがた~ぷり。熱を持つと滑る辺りベルトの特性が出てましたw。さらにクラッチの奥の隙間にもベルトカスが入り込んでいて駆除に大変だった。サンドペーパーでクラッチの面をさらって完了。とりあえず走る。おk。
 朝、エアクリにガムテープを張り付けて穴を塞いだ。やっぱガムテープだよね~。見た目はかなりワイルド!w。音が静かになり、アイドリングも少し落ち着いて止まりそうになっている。走り出すと加速はいいが最高速が出ない。中古のベルトが原因か?信号待ちからアクセルを開けると考えられないくらいに重たい。クラッチ側に残っていたベルトの残骸に起因しているかもしれない。ネジが外れなかったから放置していたのがまずかったか・・・。明後日の夜に時間が取れそうなのでバイク屋でネジを交換してもらおう。

 | BLOG TOP | 

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。