「スポンジ・ボブ」ニコロデオンで放送中!

プロフィール

らくさつ君

Author:らくさつ君
リードメール補助計画
http://sukiuki.web.fc2.com/
リードメール自動クリックソフトがあります。
http://sukiuki.web.fc2.com/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今回は70キロ先にあるサーキットまで自走で行った。2台でのサーキットへのプチツーリングとなった。約1時間後同市にある工場に集合した。その時マイDIOは爆音車両。いわゆる直管です。近所一帯に響き渡っていたようで、ずいぶん前から音が聞こえていたそうな・・・。うちに来ないだろうな~って思ってたら「やって来やがった」との事スマソ。道中のギャップでマフラーが落ちてしまった。道のりも半ばだったため、走っているうちに三半規管がおかしくなった。待ち合わせ場所を工場にしていたので早速修理。アルゴン溶接の機械は持出し中との事でDIOのカゴ埋め込みタイプの何だっけ?に付いていた中華ちゃんバーを貸してもらった。そこからサーキットまでの道中で吹け上がりを確認したが、KN製とはいえ純正に比べると上の回転の伸びが今一つだった。借りておいて文句を言うなって?
 で、今日のメンバーはmyZX、殺人君、Dio改SR、JOG(ZRでは無い)の4台だった。センタースタンドを外して練習開始。相変わらずSR風の彼は軽装だ。前回は半袖+Gパンで転倒して擦りむいたのが効いたのか今回はプロテクターを付けて走っていた。僕は20年落ちのレーシングブーツから変更して長靴。JOGの方はレーシングブーツを装備していた。皮つなぎは間に合わなかったようです。走り出してしばらくすると、JOGの後ろに迫ることが出来た。JOGのタイヤは僕が転倒しまくったD306なので当然と思いたいが、コーナー性能が違う。JOGの方がバンク角が大きいのか?スタンドやマフラーをゴリゴリしながらも普通に走っている。で、最終コーナーからの立ち上がりで仕掛けてみた・・・。速い。抜けない。うちのDIOはそれなりに金掛かってるんだぞ!。と言うかこれだけのパーツを組み込んでほとんど差がないのが痛かった。道を譲ってくれたけど、レースならコーナーいっぱい使ってガリガリされたら、パッシングポイントが無いような気がする。殺人君と走ってもあまり大差が無かった。ただ先行して逃げる分には徐々に差を広げることが出来た。直線で10キロ近い差で勝っていてコーナーで詰められてた最初の頃よりは少しは速くなれたかな?ちなみにこの日は延々と練習走行をするだけだった。僕は苦手な右コーナーを意識して練習した。長靴の調子はすごく良い!!プロテクターが付いていないから路面と擦れて変色していたくらいだ。原付にひかれるような転倒をすれば足首はまた痛い目を見るだろうけど・・・。転倒はJOG1回、SR1回。JOGは曲がっていた左のブレーキレバーが折れて即日修理。SR君は足首に重大な疾患を患った様子でこの後走行無し。
 走行が終了して帰りもプチツーリング・・・。捨てて帰れば良かった。と何度か思いながらも50キロのペースに付いて行く。お互い黄色ナンバーだから車の流れにそって走ればいいと思うけどSRの方が最高速で60キロ。登りは40キロしか出ていない状態だから仕方がない。myZXも速いとは言えない状況だけど・・・。ずいぶん時間が掛かってしまった。→教訓。サーキット走行は意外と疲れます(翌日はいつも筋肉痛に)。トランポで行きましょう(今月はガソリンの請求が47000円着てたから自重)。ペースが上がらないと判断したら捨て去りましょうw。
スポンサーサイト
 例によってYオークションを妄想&徘徊中に値段が上がっていない純正を発見。錆も少ないし送料込3000円ほどでいい物をGET出来た。商品も2日後には手元に届いていたので早速平日の夜に取り付けた。しかし、やはりY!ゴミ捨て場だったようです。写真でははっきり見えなかったけど排気口が曲がっている。エンジン側を合わせるとマフラー取り付けのネジが合わない・・・。無理やり右手で持ち上げて左手でネジをブチ込む。ネジ穴のセンターが4mmほどずれていたのでかなり重たかった。マフラー取り付けのネジは1本しか掛かっていないけど、排気漏れも無いしいけるか?
 次の日の通勤。笑った。出だしからアクセルの付きが軽い。平地で最高速は85キロ、伏せると95キロまで届いた。いつもの登坂車線では70キロを記録。目標の80キロには届かなかったけれど十分満足な車体の動き。この十分なパフォーマンスにストレスもなくなり下りではあまり回さなかった。2日後に迫る練習会に間に合ったw。
01_023.jpg


 前回取り付けてすぐに外れる症状からためらっていたが、手ごろなパイプを見つけて再度チャレンジしてみた。純正のキャブに付けるパイプを取り外して、エアクリの穴を拡大。キャブ側は、デイトナのパワーフィルターのジョイントを外してそこにプラスチックパイプをはめ込んだ。シリコン等の接着物は使用せずにうまく取り付けが出来た。エアクリ取り付けのネジも2つはそのまま使用することが出来、とても満足な出来栄え。
 キャブセッティングに入る。そのままのMJ#122、SJ#65ではアクセルを開けたとたんにストールしてしまう。明らかに濃すぎるようだ。メインジェットは122、120、118、98、95、92しか持っていないので苦しい展開になってしまった。SJを#45にMJは#98に変更。チョークを上げてセルを回すと気持ちよく始動してくれた。温まったと思ってチョークを下ろし、アクセルを開けると止まる。薄すぎるのか?チョークを上げたままだと調子が良いものの、スクリューでも調整できないほど薄くなってしまった。結局SJ#65にMJ#118で調整。エアクリにドリルで穴を開けまくった。取り付けると元の爆音に戻った。音量を確認しながらビニールテープで空け過ぎた穴を塞ぐw。順番が逆って事は気にしない。空け過ぎた穴の2/3を塞いだ頃にはちょっと濃い目のセッティングになった気がする。左コーナーでの燃料のかたよりはキャブを傾けて設置することで解決したみたい。
 大型の車検~ツーリングに向けてのメンテの間、2週間ほど放置した後に通勤チェック。坂道で58キロ、最高速は下りで自己リミッターの90キロまで確認できた。ただこれ以上のスピード域については伸びなくなった。下りでアクセル全開で放っておくと100キロを越えていたけど、伸びない。おそらく90キロまでの到達速度も遅くなっている予感。久々のサーキットはこの仕様で向かうことにしよう。早くなっているのかどうなのか分からずに触っているところが恐ろしい今日この頃。
 デザイン的にはデイトナの刻印やJASMA?何だっけ?のマークが綺麗な印象だけど、そんなことは走りには関係ない。って事でガンガンどついてカーボンの塊を浮かして再度アルカリ洗浄を行った。オークションで購入した時から疑問だったスプリングが千切れてしまったのですぐに取り付けることができなかった。早速近所のバイク屋で注文。デイトナの物にした。バネが680円っておかしいんじゃないか?
 で取り付けて試走・・・。明らかに走らない。加速はかなり良くなったがそれだけ・・・。30キロまでの加速は本当に良くなった。高回転があまりにも回らない。だめ出ししていた中華マフラーより現状では性能が出ない。もうだめポ。今度こそY!逝き決定。大型バイクの車検も重なってもとのマフラーに戻すこともせず1週間放置しました。
 小雨が降る中の通勤途中、燃料が濃すぎ?って思うくらいガボガボとエンジンがうなっていた。左に曲がる時に何故かアクセルが付かない。会社からの帰り道再び抱きついた!天候は晴れ。気温が下がったから薄くなったのか?と思ったが、エンジン停止気味に止まりそうな時リアタイヤ付近からゴツゴツ音が聞こえてきた。何なんだこれは?で止まってみるとキャブレターがアクセルワイヤーでぶら下がっていた。吸気のマニホールドから外れてしまったため止まったみたい。通勤快速を目指す以上ノーメンテで走り続けたいけど、このゴムではしっかり保持できないのは明確。純正風にしっかり付ける方法は無いかな~。今後の議題に残しておこう。

 | BLOG TOP | 

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。