「スポンジ・ボブ」ニコロデオンで放送中!

プロフィール

らくさつ君

Author:らくさつ君
リードメール補助計画
http://sukiuki.web.fc2.com/
リードメール自動クリックソフトがあります。
http://sukiuki.web.fc2.com/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01_010.jpg


 デイトナボアアップを買っちゃいました。49cc→68ccだから走らないのだ!って事で71ccにしてみましたw。本当は純正の排気の反対側の掃気ポートの位置が他の掃気ポートより一段下がっているのに対して、中華シリンダーは横並びだったので排気ガスがうまく抜けてない?ボアが大きいのに排気ポートも掃気ポートも純正と同じ大きさ?って気になってしまったから。でデイトナボアアップキット到着!おお~!ヘッドやプラグやらいろいろ付いてて得した気分です。肝心の掃気ポートは?ん?中華とおんなじじゃない・・・。ただクランク側の掃気ポートの作りがデイトナだけベンチュリー効果で流速をあげるように絞られているのが気になった。組みつけてみると40キロまでの加速が確実によくなっているがそこから上は同じように「ふんづまり効果」で伸びない。デイトナホームページを見る限りこの仕様で90キロは軽く突破する予定なのに・・・???。メインジェットも触る気力も無くあきらめました。この時点で純正マフラーの偉大さを思い知ったのです。黒いZX君の車両も大筋マフラーが原因で間違いないでしょう。POSHCDIで高回転を求めてもマフラーが付いて来てないのか・・・。サイマックスチャンバーかボアアップかで悩んだ時にくじ引きを自分で作っておけばよかった。半分の確率でマフラーになってたかも知れないのに・・・。中華チャンバーの口コミも見た事が無いし、振り込んだらちゃんと送られてきたので商売的にはいい人だし。普通には走るし。50ccでは試してないし。で、現状でのインプレ。最高速は65キロ(60キロの表示の下のねじ)から変化なし。体を伏せるとかろうじてメーターを振り切る。登りは50キロまで復活しました。ヘッドの効果かな?金策が完全に尽きてしまいました。気分的には友達からテーピングの注文をもらって1万預かっているのを使い込みそうな勢いです。タバコの値上げ来年度まで待ってくれないかな~。4回目のサーキット練習会を10日後に控え落ち着かない気持ちの今日この頃。排気ポートの形状を変更したいけどもう気力が無いのでマフラー交換までおとなしく慣らしをすることにしよう。そうだ!このマフラーはきっと慣らし用なんだ。
スポンサーサイト
01_009_1.jpg
01_009_2.jpg


 とりあえず修理修理。暑いのでキャンプ用のタープを張って日陰を作っての作業。キックペダルの金具を金属系パテで修復。穴を再度修復。また削ってませんw。で放置のはずが・・・。通勤途中にマフラーが落ちました。バーーって言うてます。Yオークションにて中華マフラー、中華シリンダー、ブレーキを買った。ブレーキが700円を切っていてお買い得w。大丈夫かよ?。中華ボアアップはデイトナメインジェットがセットになって7000円未満のものを、中華マフラーは1800円で買えました。一気に組み付けたので何が悪いのか分からないけど、純正ウェイトローラーで慣らしを兼ねている時に登りで15キロしか出ない。主要な峠道でこのスピードはアブネーだろ!!。純正ウェイトローラーは走行20キロで断念して5gに戻したが、最高速が15キロくらいダウン。登りに至っては50キロから35キロに・・・。登坂に不満があったのでボアアップを決断したのに何故遅くなるのだ?メインジェットは80~95まで試して85で吹けているようなので、とりあえずこれで決定。排気ポートの形状か?ソウなのか?って事で棒やすりの出番。折れてしまうとは思いませんでしたが、この平型棒やすりはよく働いてくれました。途中でドリルの先に付ける石を買ってきて途中からリューターもどきで頑張りました。猫みたいな排気ポートになってしまったけど、ご愛嬌・・・ピストンリング折れないかな~。早速組み付けて走ってみるも全然ふけない。トルク感も無い。遅い。・・・そうだ圧縮が低いからパンチが無いのか?って思い、また、シリンダを取り外し(アッツツ;;)ヘッド側を削ることにした。180番のペーパーでゴリゴリ・・・0.5mm前後研磨出来たはず。300番、600番と番手を上げて組み付けてGo!w。全然変わらない。この時既に慣らしの文字は完全に頭から消えてます。再度分解してベースガスケットとヘッドガスケットも取っ払ってGo!w。チチチって聞こえてきます。またまた分解して確認。ピストンがヘッドに当たっていました。ピストンに丸い跡が付いてしまった。この時50ccに戻す選択も考えられたが後ろには向きたくなかったので、ベースガスケット、ヘッドガスケットを付けて終了としました。登り35キロじゃ国道走れないし・・・TT。しばらく車での通勤になりました。
パテ盛

 親父のステップワゴンを借りてトランポ風に運んでサーキットに向かいました。今回も貸切状態もあって、直線ダッシュバトルを行ってみた。myZX、黒いZX、殺人君、SRの4台。ウェイトローラー軽すぎのmyZXが一番、2番目が殺人君、3番目がSRとなった。黒いZXは中華マフラーとPOSHCDIが入っている。この時エンジンそのものが遅い(外れ?)と思っていたが実はマフラーがぜんぜん回らないものだとは気づかなかった。ちなみに殺人君はエンジンノーマル、マフラーに穴が開いている。エアクリなし。メインジェット105番。AF27の縦置きエンジン。燃料タンクなしでオイルタンクに混合を入れて自然落下給油。ステップバー溶接(これが乗りやすい)。セッティングがあってるのか、出だしのトルクがおいしい。60キロしか出せないサーキットではいい感じになっている。近所の農道でmyZXの最高速のチェックを軽トラとの並走で計ってみると85キロ~90キロの間との事。ちょっぽりうれしい気分。で今回は気持ちよく周回を重ねることができたけど、ストレート後の1コーナーで激しく転倒してしまった。クランクに盛ったパテが引っかかった???謎めいた転倒だった。ハンドルが少し左に切れたままになってしまった。行ける行ける!って思って走り続けたけど、クランクからのガリガリ音が鳴り止まない!普通変な音がして自然治癒は無いだろ・・・。キックペダルが変な方向に向いてました。バラしてみるとキックペダルの戻りを抑える金具がもげてました。キックペダルを外してそのまま走行しているとキャンキャンと金属音が・・・?再度クランクケースを開けるともげた金具が出てきました。→教訓。パテは綺麗に削りましょう。ハイグリップも過信は厳禁

 | BLOG TOP | 

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。